logo
Home

アニメ 聖地 巡礼 の 観光 社会 学

アニメ聖地巡礼の観光社会学 : コンテンツツーリズムのメディア・コミュニケーション分析 岡本健著 法律文化社,. マインドフルネスやアニメ聖地巡礼は“宗教”か?. 9 形態: x, 268p : 挿図, 地図 ; 21cm ISBN:著者名: 岡本, 健(1983-) 書誌ID:. アニメ聖地巡礼の観光社会学 : コンテンツツーリズムのメディア・コミュニケーション分析 フォーマット: アニメ 聖地 巡礼 の 観光 社会 学 図書 責任表示: 岡本健著 出版情報: 京都 : 法律文化社,.

している。また,現代社会における観光の原型 を近世の旅に見出すこともできる。現代におけ る「聖地巡礼」と称される特定の場所に訪れる 行為を考えるための知識の整理をこころみる。 2.旅と信仰 金森敦子は『膝栗毛』の話を述べつつ,江. アニメ聖地巡礼の観光社会学 : コンテンツツーリズムのメディア・コミュニケーション分析 岡本健著 法律文化社,. 第3章 アニメ聖地巡礼 第4章 コンテンツツーリズム 第5章 n次創作観光 コラム① アニメ聖地巡礼ガイド 西日本編 コラム② アニメ聖地巡礼ガイド 東日本編 コラム③ みなさまからのコメント コラム④ 観光という「処方箋」. n次創作観光 : アニメ聖地巡礼コンテンツツーリズム観光社会学の可能性: 主題: サブカルチャー--日本; 観光: 分類・件名: ndlc アニメ 聖地 巡礼 の 観光 社会 学 : dk261 ndc9 : 689 ndlsh : 観光 ndlsh : サブカルチャー -- 日本: 注記:. 紹介 《アニメ聖地巡礼の起源・実態・機能を分析》 『ゾンビ学』(人文書院)・『n次創作観光』(北海道冒険芸術出版)の著者が博士論文を加筆修正し,100枚を超える図・表・写真を収めつつ,文献・新聞・雑誌記事分析,アニメ作品分析,質問紙調査,インタビュー調査,SNSやウェブサイト. 博士論文を書籍化した『アニメ聖地巡礼の観光社会学』(法律文化社)の「あとがき」も、実は京都アニメーション近くのマクドナルドで書いた. 年07月 観光学術学会 著作賞 『アニメ聖地巡礼の観光社会学 ―コンテンツツーリズムのメディア・コミュニケーション分析』 japan_society 受賞者: 岡本健. 《アニメ聖地巡礼の起源・実態・機能を分析》 『ゾンビ学』(人文書院)・『n次創作観光』(北海道冒険芸術出版)の著者が博士論文を加筆修正し,100枚を超える図・表・写真を収めつつ,文献・新聞・雑誌記事分析,アニメ作品分析,質問紙調査,インタビュー調査,SNSやウェブサイトのアクセス解析等を.

交流の回路としての観光 : アニメ聖地巡礼から考える情報社会の旅行コミュニケーション(観光と知能情報) 岡本 健, Takeshi Okamoto 人工知能学会誌 = Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence 26(3), 256-263,. アニメ聖地巡礼の観光社会学 - コンテンツツーリズムのメディア・コミュニケーション分析 - 岡本 健 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 観光社会学とメディアコンテンツ学です。前者はアニメやゲームの聖地巡礼、後者はゾンビの研究をしています。 先ほど「観光社会学」というキーワードが登場しましたが、これについてもう少し掘り下げていきましょう。.

巡礼の観光社会学-巡礼経験のカテゴリー化に向けて- 3.現代巡礼経験の多様性 3.1 四国遍路の開放性 現代の四国遍路は、多様化しているといわれ る。巡礼者の動機は、伝統的な信仰に基づくもの から供養や祈願、自己探求や精神修養、癒し、リ. 啓発やマインドフルネス、パワースポットや世界遺産への観光なども含めた広義・広域の. 定価: 3,080円 (2,800円+税) 著者名:岡本 健 出版社:法律文化社 取り寄せ商品. に,「巡礼ビジネス」と題する本書が出版された ことは時宜を得ている。著者は,『アニメ聖地巡 礼の観光社会学』(岡本 ) の著作もある観光 社会学研究者で,「「アニメ聖地巡礼」研究の第一 人者」1)とされ,まさに適任と言える方である。. 発達とともに、アニメ聖地巡礼を行うアニメファンが増加したと分析している。そして巡 礼者の分類では、1. 『よくわかる観光社会学』ミネルヴァ書房, p. 第1回「アニメ聖地巡礼“本”即売会」(年9月24日開催)では、アニメ聖地巡礼・コンテンツツーリズム研究の第一人者の岡本健先生(奈良県立大学 地域創造学部 准教授)の著作3冊を各出版社のブースにて販売します。 ・『n次創作観光 ーアニメ聖地巡礼/コンテンツツーリズム/観光社会.

私が聖地巡礼というものを意識的に行ったのは、やはりWake Up, Girls!の舞台探訪として宮城・仙台に赴いたのが初めてで、「7人はここで活動していたんだな」というようなある種の感動を覚えたのですが、それはとても不思議な感覚で、今日が初めてであるのに帰ってきたように思えたことも. 筆者はこのアニメ聖地巡礼について年の3月ごろから調査を始め、今年9月に『アニメ聖地巡礼の観光社会学』(法律文化社)を上梓した。. 「二次的ア ニメ聖地巡礼者の3 つに分類している(p59)。. 社会一般で問題となっている「他者性を持った他者」との相互作用に関して観光が果たす役割を検討し、分析の道具としては、主に観光社会学の理論を紹介し、その上で、アニメの舞台を探し出して巡る「アニメ聖地巡礼」と、コンテンツに関わる観光で.

博士(観光学)。現在は、京都文教大学総合社会学部人類学科講師。共著に『観光の空間』(ナカニシヤ出版)、『よくわかる観光社会学』(ミネルヴァ書房) 概要 到来した情報化社会。進展する排斥性を帯びた個人たち。. 「n次創作観光 −アニメ聖地巡礼/コンテンツツーリズム/観光社会学の可能性」はA5判108ページ。 価格800円で発売中。 (毎日新聞デジタル). アニメ聖地巡礼の観光社会学: コンテンツツーリズムのメディア・コミュニケーション分析 - 岡本 健 単行本 ¥3,080 残り16点(入荷予定あり) この商品は、Amazon. n次創作観光 : アニメ聖地巡礼コンテンツツーリズム観光社会学の可能性 情報社会における旅行者の特徴に関する観光社会学的研究: 資料形態(詳細): Text: 主題: サブカルチャー--日本; 観光: ISBN:注記: 博士論文「情報社会における旅行者の. 情報社会における旅行者の特徴に関する観光社会学的研究 n次創作観光 : アニメ聖地巡礼コンテンツツーリズム観光社会学の可能性: 主題: サブカルチャー--日本; 観光: アニメ 聖地 巡礼 の 観光 社会 学 分類・件名: ndlc : dk261 ndc9 : 689 ndlsh : 観光 ndlsh : サブカルチャー -- 日本: 注記:.

⑻ 岡本健()「アニメ聖地巡礼の誕生と展開」北海 道大学観光学高等研究センター紀要1号31頁は《聖地巡礼》 の成立過程を記述しようと試みた先駆的な業績ではあるが, 旧稿が検討を展開する時期(年以前)については検討 が不十分であった。. 9 形態: x, 268p ; 21cm 著者名: 岡本, 健(1983-) 書誌ID: アニメ 聖地 巡礼 の 観光 社会 学 BBISBN:. 専門は観光学、観光社会学、コンテンツツーリズム学、メディア・コンテンツ論など。 主な著書に『大学で学ぶゾンビ学』(扶桑社、年)、『巡礼ビジネス』(KADOKAWA、年)、『アニメ聖地巡礼の観光社会学』(法律文化社、年、観光学術学会著作. アニメ 聖地 巡礼 の 観光 社会 学 ・遠藤英樹()「『観光社会学』の対象と視点 リフレクシブな『観光社会学』へ」遠藤非駅・須藤廣編『観光社会学』明石書店。 ・岡本健()「現代日本における若者の旅文化に関する研究―アニメ聖地巡礼を事例として―」『旅の文化研究所研究. アニメ聖地巡礼の観光社会学 : コンテンツツーリズムのメディア・コミュニケーション分析 フォーマット: 図書 責任表示: 岡本健著 言語: 日本語 出版情報: 京都 アニメ 聖地 巡礼 の 観光 社会 学 : 法律文化社,. 手法である。むしろアニメ聖地巡礼現象が観光学や社会学で着目されたのは、アニメ ファン二旅行者がモデル地域の情報を自らネットメディアを通じて発信し、あるいはそ の地域に積極的に関与していくことで地域の観光資源を「観光客」である彼ら自身がつ. 岡本()は、観光社会学の枠組みに、①社会の情報化、 ②アクターを完全に独立させないこと、③同アクター内の相 互作用、④コンテンツの観光社会学での位置づけの4点につ いて指摘を行い、観光社会学の研究枠組みを修正することで. 49の図Ⅳ-7-1「聖地巡礼のメカニズム」 アニメ聖地巡礼行動の見取り図 アニメの視聴 ・ホームページ.

n次創作観光 : アニメ聖地巡礼コンテンツツーリズム観光社会学の可能性: 主題: 観光事業: 注記: 博士論文「情報社会における旅行者の特徴に関する観光社会学的研究」(北海道大学, 年提出) を大幅に修正したもの: タイトルのヨミ、その他のヨミ:. 《アニメ聖地巡礼の起源・実態・機能を分析》 『ゾンビ学』(人文書院)・『n次創作観光』(北海道冒険芸術出版)の著者が博士論文を加筆修正し,100枚を超える図・表・写真を収めつつ,文献・新聞・雑誌記事分析,アニメ作品分析,質問紙調査,インタビュー調査,SNSやウェブサイトの.

Phone:(291) 647-6356 x 6325

Email: [email protected]